シャンプー屋のブログ

サロン業界で奔走するシャンプー屋の活動日記!

TOP >  気ままな話 >  コロナ騒ぎの中、散髪屋さんは危なくないのか?

コロナ騒ぎの中、散髪屋さんは危なくないのか?

自粛期間が延長になりました。

この時期に散髪に行くかどうか、悩む方もおられると思います。


国の見解では、理容室、美容室は、

国民の安定的な生活確保」のために必要なサービスであると、休業要請の対象外になりました。



もともと理容、美容の免許は国家資格です。

カットの技術や、薬品の知識だけを勉強しているのではなく、衛生についても勉強し、試験を受けて合格すると取得できます。

そして毎年、新しい感染病や消毒の講習を受けておられます。

理容業、美容業は、国家資格を持った衛生業なんです。


ですから、普段からお店の衛生に気を使い、特にこの時期の衛生に関しては、プロの意地にかけても感染者を出さないと皆さん頑張っておられます。


私の行きつけの散髪屋さんは、この騒動からまずカットの前にシャンプーをしてくれます

その後、手と顔を洗ってからカットに入ります。



髪の毛の総面積は、体の総表面積より大きいと聞いたことがあります。

無意識に髪を触るくせがある人は多いと思います。

そう考えると髪の毛にはたくさんの菌がついていると予想されます。

だから、まずカットの前にシャンプーをしようと衛生面から施策を打っています。



髪の毛が伸びてくると、精神的にもイライラしませんか?

散髪に行くと気分がすっきりしますよね。

髪の毛を切りたいと思っている人は、せひ、正しく恐れてカットに出かけてください。



理容室はたくさん件数があるのにも関わらず、理容師さんが感染したという話ががないと思いますが、それには次の理由があるからだと私は思っています。


それは、シャンプーするから!


そう、一人ごとにシャンプーすると、いやでもこまめに手を洗うことになります。



だから、散髪に行くことに迷っている人は、行きつけのお店に、

”まずシャンプーしてからカットしてもらえますか?”

とお願いしてみてください。

きっと、喜んでやってくれると思います。


精神面の衛生もとても大切です。

心配な点はお店に相談してください。


私は一月に一回散髪しないと気持ち悪いので、昨日も行ってきましたよ。

1対1の接客で3蜜も避けてカットとパーマしていただきました(^^)




Last Modified : 2020-05-08