シャンプー屋のブログ

サロン業界で奔走するシャンプー屋の活動日記!

TOP >  雑学 >  ランナーも必見!不織布マスクの肌荒れ・乾燥対策

ランナーも必見!不織布マスクの肌荒れ・乾燥対策

緊急事態宣言が39県で解除となりました。

しかし、マスクの着用は当分エチケットとして必須ですね。

今ではランナーも走る時にマスクがエチケットになりました💦


でもこの季節、不織布のマスクをしてると肌は荒れてくるし、乾燥してカサカサ!

というお悩みの方が多いようです。



マスクをつけていると息でマスクの中が蒸れてしまいます。

のどは乾燥を防げるのですが、口周りの皮膚は乾燥します。



それは何故かというと、マスクで蒸された肌はふやけた状態になり、一時的に肌のバリア機能が弱まってしまいます。


バリアが弱ると肌の水分を保持する機能が弱るので、マスクを外した瞬間に肌の水分が外に逃げてしまうからです。


それに加えて、不織布のマスクが皮膚に触れて擦れると肌が荒れてしまいます。



この乾燥と肌荒れを防ぐ対策としては、


マスクの中の湿気のコントロールが必要です。


不織布のマスクと口の間にガーゼを挟みます。ガーゼが湿気のコントロールをしてくれるのと、肌への摩擦を軽減してくれます。


また、顔のサイズに合ったマスクの大きさを選んでください。

サイズがあっていないと、肌が擦れる原因になります。


可能ならば、時折湿気をのがすためにマスクを外して肌がふやけるのを防ぎましょう!


乾燥を防ぐために、こまめに保湿剤をつけるのも対策のひとつです。


オイル系のものは逆に肌のバリア機能を弱めるので、避けた方が良いと思います。


早く、マスクの要らない生活が戻りますように!







Last Modified : 2020-05-15