シャンプー屋のブログ

サロン業界で奔走するシャンプー屋の活動日記!

TOP >  雑学 >  ドライシャンプーって髪に良いの?介護におすすめなのはどんなタイプ?

ドライシャンプーって髪に良いの?介護におすすめなのはどんなタイプ?

汗ばむ季節になりました。


こんな時、介護の現場で役に立つのがドライシャンプー


災害などあった場合の避難所でも重宝します。


しかし、ドライシャンプーは選び方、使い方にも注意が必要です。


ドライシャンプーのタイプについては、


ミストスプレーフォームシートなどがあります。


〇ミスト、スプレー、パウダースプレータイプ

頭皮をスッキリさせたい時に便利ですが、基本的にアルコール濃度が高めなので、アルコールで荒れる方や頭皮が乾燥している方は要注意です。お手軽に使えるメリットがあります。


ランニングなどスポーツのあと、お風呂に入れない時など重宝します。


毎日使うのはおすすめできないタイプなので、お風呂嫌いやからこれで済まそうと考えるのはNGですよ。



〇フォームタイプ

介護の現場や避難所やキャンプの時におすすめなのはこのタイプ


泡を頭皮や髪につけて拭き取るので汚れもある程度落とせるし、洗った感があります。


しかし、タオルで拭きとる必要があるのでお手軽さはありません。


介護現場で毎日お風呂に入って頭が洗えない場合、洗髪と洗髪の間をドライシャンプーを使ってスッキリさせることは精神衛生上にも良いのでうまく使用するといいですが、どうしても汚れが頭皮に残りますので定期的な洗髪は必要です。全く洗髪しないで良いわけではありません。


〇シートタイプ

携帯用に持ち歩くなら便利。


髪の毛を拭く程度などでスッキリ感がないですが、一時しのぎ的には使えます。


ドライシャンプーはその名のとおり、水で洗うのではなく、アルコールでふき取る、パウダーで吸着することによってスッキリ感を出すので、汚れは残ります。


よって、あくまでも洗髪と洗髪のあいだの応急処置と心得て使うべきものです。


海外では、日本人のようにこまめにお風呂に入らないので、ずぼらをこいてドライシャンプーで済ます人が多いのですが、その分頭皮トラブルが多いのです。


ドライシャンプーの特性を理解して上手に使い分けましょう!




Last Modified : 2020-07-10