シャンプー屋のブログ

サロン業界で奔走するシャンプー屋の活動日記!

TOP >  成分解説 >  「ポピドンヨード」でうがいするとウィルス感染しやすくなる?!

「ポピドンヨード」でうがいするとウィルス感染しやすくなる?!

大阪府知事の発表で「ポピドンヨード」(イソジンなどのうがい薬)が売り切れになっているそうです。


「ポピドンヨード」に関する医学的な調査では、水でうがいする方が上気道感染発症を防げるというデータがあり、内科医ではよく知られています。


水と比較すると、約4割程度「ポピドンヨード」でうがいした方がインフルエンザになりやすいということです。


これは、「ポピドンヨード」がのどの粘膜を傷めることと、のどの常在菌も殺菌してしまうため、感染率が上がるということです。


これを踏まえて、「ポピドンヨード」のうがい薬を使うメリットとデメリットを考えると、


メリットは、

コロナ感染者が使用すると、唾液中のコロナを殺菌するので、人への感染を減らすことができる。


デメリットは、

感染していない人が使用すると、のどの粘膜がやられ感染しやすくなる。

甲状腺に病気がある人は悪化する。



よって、感染の疑いがある場合は使用し、そうでない人は使わないとすることが最善方法だと思います。



この過去の「ポピドンヨード」の調査結果が出てからイソジンの売上も落ちたと噂されていましたから、今回は販売のための仕掛けがあったように思われても仕方ないですね。


私はコロナ関連では吉村知事の対応を高く評価していますが、今回の一件は、業界にうまく利用されたように感じ残念です。


しかし、知事の発表で在庫が消えたと大騒ぎしていますが、逆に言えば、それだけ需要が少なく店頭在庫がすくなかったのではないでしょうか?


ちょっと意地悪な見方ですね(^^)







Last Modified : 2020-08-05