シャンプー屋のブログ

サロン業界で奔走するシャンプー屋の活動日記!

TOP >  雑学 >  薄毛(男性型脱毛症)の原因は抜け毛ではない?!

薄毛(男性型脱毛症)の原因は抜け毛ではない?!

残暑厳しいですが、秋の気配も少しずつ感じる時期になりました。


この時期になると相談が増えてくるのが「抜け毛」の悩み。


男女問わず、毛が薄くなることは大きな悩みですよね。



一般的に「脱毛」と言えば、”毛が抜けて毛の数が少なくなる状態”を言います。


この代表的な症例は「円形脱毛症」です。


部分的に毛が抜け落ち、ハゲが出来てしまいます。


同じ脱毛でも、よく勘違いされるのは、「男性型脱毛症


男性型脱毛症」は、実は毛の本数は変わらないのです?!


えっ!


と言われるかも知れませんが、ある時期から太く長い毛が再生せずに、細く短い毛に変わってしまいます


すると、目で見える頭髪の量は減って地肌が見えてハゲたように見えるので、「脱毛症」に分類されています。



実際に薄毛の人の頭皮をマイクロスコープで見るとよくわかります。


サイドの毛は太くて長いのに、頭頂部の毛は細く短いです。


この程度が進んでいき、ある時期から毛の生成サイクルが止まると本当のハゲになってしまいますが。




だから、育毛剤では毛が生えない(発毛しない)=薄毛は治らない


という方がいますが、そうではないのです。



細く短くなった毛が、太く長くなると毛量が増え、地肌が見えなくなるのでいわゆるハゲが治るのです。


ツルツルの状態では育毛剤では無理ですよーということになります。


スカルプブラシGROSSYの講習を受けていただいたサロンさんはよく理解できるのではないでしょうか。


詳細はまたYouTubeでもお話したいと思います。

敏感肌の専門家_shampooyaチャンネル















Last Modified : 2020-09-05